【カナダ】ホームステイ編 『アジア・アフリカ系のホストファミリー』

300px-North_Vancouver.jpg高校生の夏休みに1ヶ月間のホームステイでカナダのバンクーバーへ訪れました。

本格的な海外旅行へ出かけるのはこの時が初めてで、しかも1ヶ月間という長い異国生活を外国人と一緒に過ごします。 出発前にホームステイ先の資料や情報を何度も読み返しましたが、初めてのホームステイでドキドキ緊張する気持ちが高まる一方でした。 そもそも学校で勉強した英語が通じるのかという基本的な緊張感もありました。

関西空港に国際線が移動する前の最後の国際線で大阪空港を飛び立ちました。

バンクーバーに到着し、とてもきれいな街だなというのが第一印象です。 海や山などの自然と街や人が一体となっている感じです。

ホームステイ先のホストファミリーとついにご対面の時がやってきました。

何となくホームステイ、ホストファミリーというと白人の家族を想像していた私ですが、カナダは移民をたくさん受け入れている国で、バンクーバーもとても多国籍な都市です。 私がお世話になるホストファミリーも海外からカナダにやって来たご家族で、お父さんはインド系のカナダ人、お母さんはアフリカ系のカナダ人でした。 お父さんお母さんが話す英語もなまりのある英語で、学校で勉強してきた典型的な英語とはぜんぜん違いました。 このお陰でとにかく通じればいいんだ!というある意味コミュニケーションに重きを置いた考え方が備わり、その後の海外旅行で役に立っていったと思います。

一緒にホームステイに来ていた仲間にそれぞれのホストファミリーの話を聞きましたが、うちはやはり少し変わっていました。 宗教的なことから生活のリズムがいろいろと違っていたり、バンクーバーにいるもののインド的な生活スタイルが家の中にあったりしました。

毎日チキン三昧だったことをよく覚えています。

人生で1ヶ月に渡る初めての海外ホームステイで、さらにホストファミリーがインドとアフリカの生活スタイルを持って日本人の私を受け入れてくれるという、とても日本にただいたら味わえない貴重な経験ができ、今でも海外旅行へ行く原点になっている思い出でになっています。

今でもエアカナダを使ってバンクーバー経由でアメリカに行く時は、みんな元気にしているのかなと思ったりしています。

バンクーバー 『ブリティッシュ・コロンビア州観光局』
ホストファミリーが住んでいるノースバンクーバー 『wikipediaノースバンクーバー』
バンクーバーへはエアカナダで 『エアカナダ』

人気ブログランキングへ