死者の日(メキシコ)

海外に行くと,日本とは全く違う文化や風習,食生活に出会えるのも,旅の魅力。祝祭日も国によって,いろいろで面白いですよね~。

特にメキシコの‘死者の日’には,とっても興味深いものが・・・。

10月にメキシコへ行って,驚きました~!街中のあちこちに骸骨グッズが並んでるんです。これがまた愛嬌あって,かわいいんですっ!!花嫁姿だったり,教師や消防士だったり・・。いろんな職業の格好をしてるんです!!!

mex01.jpg
(ちょっと反射してわかりにくいですが・・・、お店のディスプレイです。)

メキシコでは11月1日と2日に,亡くなった人の魂が戻ってくると信じられていて,身内で生前に教師だった人が亡くった場合,教師姿の骸骨をお墓に飾っておくと,そこに魂が戻ると信じられています。

当日は,いろんな格好をした骸骨達と花で彩られたお墓の前で,家族揃って飲んだり食べたりして,騒ぐそうです。

日本のお盆では,魂が迷わず帰ってくるようにと,ナスビなんかを用意するけれど,メキシコでは骸骨の人形。お墓では周りの人の迷惑にならないようにっていう日本に対して,宴会までしちゃうメキシコ・・。これが,「わび・さび」を重んじる日本と陽気なラテンの血の違いなのかしら・・。う~ん,‘メキシコ版お盆’は,不思議だ。

メキシコのお土産

人気ブログランキングへ

誰が買うの?(メキシコ)

メキシコの旅行中,街中でこんな物を見つけました。

horsesit.jpg

ここは,アメリカ西海岸のサンディエゴから,車で1時間半ほど南下した所にあるエンセナダ。観光客のあまり来ない場所です。レストランや雑貨屋が並び,地元のメキシカンが行き来する足元で売られていたのは,なんと‘HORSE SHIT’などのタバコ。そう,このタバコは,馬やロバ,牛などから出たウンチを混ぜて作られたものらしいのです!!

作業工程を想像するだけでも臭ってきそう・・でもこれを吸うのって・・もっと想像したくない・・。タバコというのは名ばかりで,他の用途で使うのか!?質問しようにも,周りに店員らしき人がいなかったので,疑問を抱えたまま帰国してしまいました。(涙)

旅って,思いもよらない事と出会えて楽しいですよね~。まだ売られてるのかしら,あのタバコ・・。

人気ブログランキングへ