アプリケーションプログラミングインターフェイス:API

アプリケーションプログラミングインターフェイス:API

ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様。
APIは、アプリケーションから利用できる、オペレーティングシステムやプログラミング言語で用意されたライブラリなどの機能の入り口となるもの。

上記はより概念的な説明ですが、ウェブ(WEB)APIは、データベース上のコンテンツや写真などを、XMLやJSON形式を用いて、共有するのに利用されています。