作成者別アーカイブ: newsvalue

画像圧縮 : Image compression

画像圧縮 : Image compression

WEBサイトにおいては、デジタルカメラなどで撮影した高解像度の写真はファイル容量からそのまま利用出来ません。

そういった際には、画像を圧縮して掲載する必要があります。
圧縮形式に、JPEG、gif、pngなどがあります。

画像圧縮を英語では、Image compressionと言います。

昨今、ビジュアル訴求が大切な中で出来るだけ解像度が高く奇麗な画像の利用が進んでいますが、回線によってはファイル容量の大きな画像は表示に時間がかかりますので、いかに奇麗な画像を容量を軽くして見せるか、加工や圧縮が大切になってきています。

TLD:トップレベルドメイン

TLD:トップレベルドメイン

TLDはTop Level Domain(トップレベルドメイン)の略です。
トップレベルドメインは、.com .net .orgなどのURLの一番右の.(ドット)以降の部分の事を言います。

 

遅延時間(レイテンシー):latency

遅延時間(レイテンシー、レイテンシ):latency

デバイスなどにデータ転送などを要求してから、結果が戻ってくるまでの時間、遅延時間。
サーバーやシステムなどのパフォーマンスを計る目安となるものです。

低いレイテンシーの方が良くなります。

 

 

コンテンツマーケティング:Content marketing

コンテンツマーケティング:Content marketing

日本語としても普通に言われるようになっていますが、コンテンツマーケティングは、英語でContent marketingです。

既存及び潜在的な顧客との関わりを強化するため、コンテンツを作成し共有するためのマーケティング手法全般を指します。
コンテンツマーケティングは、適切で顧客にとって価値のある情報を提供する事によって、提供者の利益につながる行動を起こさせる事を目的としています。

リンク切れ:broken link

リンク切れ:broken link

英語でリンク切れは、broken linkと言います。

find broken links リンク切れを探す
Check for broken links リンク切れを調べる(確認する)
のような感じで。

 

標的型攻撃:targeted attack

標的型攻撃:targeted attack

昨今、世の中のコンピューターウィルスの感染の原因となる手法に標準型攻撃というものがあり、これは英語では「Targeted attack」と呼ばれています。

標的型攻撃は、個人では金銭や情報、企業だと知財等の重要情報の不正な取得を目的として、ある程度特定の標的に対して行われるサイバー攻撃です。

標的型攻撃の手法として、フィッシングメールと不正プログラムを組み合わせて行う方式が多いそうです。特定の属性を持ったユーザに対して、特定の行為に誘導することで不正な情報の取得を行うものです。

ビジネスや生活のシーンにおいて、ありそうな設定、思わず中身を見てしまうような内容のものが多いようです。

日常的に利用する事が多いメールやWEBなので、セキュリティ強化や意識を向上させて、注意したいものです。

アプリケーションプログラミングインターフェイス:API

アプリケーションプログラミングインターフェイス:API

ソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様。
APIは、アプリケーションから利用できる、オペレーティングシステムやプログラミング言語で用意されたライブラリなどの機能の入り口となるもの。

上記はより概念的な説明ですが、ウェブ(WEB)APIは、データベース上のコンテンツや写真などを、XMLやJSON形式を用いて、共有するのに利用されています。

命名規則・ネーミングルール:naming convention

命名規則・ネーミングルール:naming convention

ネーミングルール・命名規則の事を英語では、naming coventionと呼ばれる事が多いと思います。namign ruleよりも。

ディレクトリー名やファイル名の命名規則を表現する際に使える言葉です。

 

 

アクセス数について:in terms of traffic

アクセス数について:in terms of traffic

アクセス数について、伝えたい時に使う表現です。

例文としては、
In terms of traffic, the majority of users are from the us.
(アクセス数については、アメリカからのアクセスが大多数です。)
のようになります。

ちなみに、userではなく、usersになります。
userは特定に何かの時以外にはusersとなると事ことが大半だそうです。
user=一人なので、当然といえば当然ですが、日本語的に使ってしまうと間違えそうですね。

CMS: contents management system

CMS: contents management system

コンテンツマネージメントシステムの略で、HTMLやファイルのアップロードの知識がなくても、ブラウザー上からWEBサイトやコンテンツを管理できるシステムの総称の事を言います。

ニュースなどの頻繁に更新するコンテンツは、CMS化して担当者がブラウザーから簡単に更新出来るようにするなどで利用されています。

また、高度ものになれば、サイト全体をCMSで管理したり、編集権限設定、サイト(ドメイン)ごとのテンプレート、公開時間設定、承認のワークフロー機能など、様々なことが出来るものもあります。

CMSエンジンの一例:
・少から中規模
WordPress
Movable Type

・大規模
SItecore
SDL Tridion
adobe experience manager(旧CQ)